ミネラルファンデーションランキングから選ぶ【ピカピカ魔法の粉】

顔の手入れ

気をつけること

洗顔から起こる肌トラブルについて

女性

美肌を維持するためにも、毎日の汚れを落とす洗顔はとても重要です。 しかし、洗顔をしすぎたり間違った洗顔方法を行なっていると、様々な肌トラブルを招いてしまいます。 肌に合わない洗顔料を使っていたり洗い方が間違っていると、皮脂や潤い成分まで洗い流してしまって肌が乾燥しやすくなります。 肌が乾燥すると肌の防衛機能が働いて、肌を守ろうとして皮脂をたくさん出してしまうのです。 それに気づかずに皮脂を取るための行為を続けてしまうと乾燥肌がどんどん進んでしまって、しわやたるみを作ったり、皮脂が毛穴に詰まってニキビを作ってしまいます。 美肌の基本でもありますので、肌に合った洗顔料を選んで、正しい方法で洗うのが大切です。

肌に残りやすいクレンジング剤

最近はダブル洗顔不要のクレンジング剤も増えてきていますが、クレンジング剤に油分が含まれている以上は、夜はしっかりと洗顔料を使用した洗顔を行なうのが大切です。 美肌になるためにはまず、清潔で健やかな肌になる必要があるため、肌に不要なものが残らないようにするのがポイントです。 メイクは油性ですので油は油で落とす原理で、クレンジング剤には油分が含まれています。 この油分でメイクを落として洗い流したとしても、肌にクレンジング剤の油分が残ってしまうと、肌の溝に詰まってしまってぬるま湯のみでは落とすのは困難なのです。 特にオイルタイプのクレンジング剤は肌に残りやすい傾向があるため、しっかりと泡立てた洗顔料で洗うのが大切です。 美肌を作るためにも、肌に汚れを残さないようにしましょう。